Loading

シグマ建設株式会社

Menu
tel.048-574-1611
( 9:00-18:00 ) 定休日 : 日曜・祝日

[2018/9/6~2018/10/5]

[2018/9/6~2018/10/5]

  • 道路から見ると3階建ての高さがあります。外壁は地盤なりに張りました。
  • 足場が外れました。南面は掃き出し窓が4枚並んでます。
  • 吹き抜けに足場を架けました。クロスのパテ処理を行います。
  • 木工事が終わり、塗装工事に入ります。棚板は白く塗装します。
  • 2階ホールには長さ3.6mのデスクを造りました。
  • キッチンのカウンター収納です。
  • 家具の合板を1枚ずつサンダーで仕上げます。
  • 造作家具はラーチ合板で大工さんが作ります。
  • 床梁が終わり、壁の石膏ボード張りです。
  • 吹き抜けに取り付いた階段はヒノキの集成材です。
  • 外壁の波板が張り終わりました。
  • 軒天も屋根と同じく赤く塗装しました。
  • 小屋裏の熱気は棟に付けた換気から排気されます。
  • 玄関庇はスチールプレートで製作しました。亜鉛メッキ仕上げです。

[2018/8/2~2018/9/5]

  • 化粧柱部もフローリングを隙間なく張り込みます。
  • フローリングはパイン材です。
  • 勾配天井部のプラスターボードが張り終わりました。化粧梁が見えてきます。
  • 床合板にもビニールをかぶせます。
  • 壁の断熱材施工状況。表面のビニールを重ね気密性を確保します。
  • 玄関部残しで外壁が張り終わりました。ライトグレーの波板張りです。
  • サッシと見切り材の隙間をコーキングします。
  • 方杖脚部は製作金物でドリフトピン固定です。
  • 1.8mはね出した屋根は方杖で補強します。
  • 軒天の通気は防虫網を張り、スリットとしました。
  • 外壁は波板を張るためヨコ胴縁です。配管部分は防水措置をします。
  • 屋根はガルバリウム鋼板の縦ハゼ葺きです。エンジ色です。

[2018/7/9~2018/8/1]

  • 金物検査は問題なく合格しました。
  • 南面外観。妻側は1.8mはね出しています。
  • 吹抜け部のサッシは足場を組み施工しました。
  • 外壁の透湿防水シートまで完了しました。
  • 外壁の構造用合板を張り、防蟻材を塗布します。
  • 野地板の施工が完了しました。
  • レッカーを使い梁を組んでいきます。
  • 建て方状況。
  • 土台敷き状況。木工事開始です。

[2018/5/10~2018/7/4]

  • 基礎・擁壁部の埋戻しを行い、基礎工事完了です。
  • 擁壁は打放し仕上げです。気泡も少なく、奇麗なコンクリートに仕上がりました。
  • Pコンを埋め、打ち継ぎ部のコーキング後、塗膜防水を施工。
  • 型枠が外れました。
  • 立上りコンクリート打設状況。振動機で密なコンクリートを打設します。
  • 塩ビパイプ水抜き穴の設置も完了。
  • 擁壁立上り型枠まで完了しました。
  • 住宅部立上り型枠まで完了しました。
  • 擁壁ベースコンクリート打設状況。ベース厚は最大で400㎜です。
  • 耐圧盤コンクリート打設状況。
  • 耐圧盤コンクリート打設前の受け入れ検査。耐圧盤コンクリート打設前の受け入れ検査。
  • 配筋確認。立上りはD13@250ダブル配筋です。
  • 擁壁天端は敷地に合わせ斜めになります。
  • 擁壁の配筋が完了しました。
  • 外周部型枠まで完了しました。高低差があるため耐圧盤は2段、基礎立上りは1.3mあります
  • 耐圧盤が地盤より下がるため、打ち継ぎ部に止水板を設置します。
  • 配筋検査状況。
  • 耐圧盤配筋の確認。D13@200の配筋です。
  • 外周部配筋の確認。
  • 住宅部配筋施工状況。
  • 擁壁捨コン完了。ベースは高低差があるため4段になります。
  • 住宅基礎は防湿シート・捨コンまで完了。
  • 土留め擁壁の砕石地業。住宅基礎と擁壁を同時進行で進めていきます。
  • 通り、高さの確認。
  • 住宅部部分の砕石地業
  • 駐車場部分だけで大型ダンプ20台の土を搬出しました。
  • 着工。まずは大型のバックホーで駐車場部分を掘削します。
  • 敷地の高低差は最大で5.4mになります。
  • 着工前敷地状況。道路、敷地共に斜面の土地です。