Loading

シグマ建設株式会社

Menu
tel.048-574-1611
( 9:00-18:00 ) 定休日 : 日曜・祝日

[2019/8/11~2019/8/31]

[2019/8/11~2019/8/31]

  • 1階トイレの手洗いです。大工さんの造作カウンターに器と水栓を取り付けました。
  • 洗面所です。洗面台は家具工事の造作です。真っ白で清潔感があります。
  • 2階への階段です。材料はタモの積層材です。
  • 2階のホールです。天井が高く、開放的な空間です。窓も多く、天井と壁の白に反射してとても明るくなります。
  • 2階ホールからリビングを見下ろせる小窓を付けました。1階はまだ片付いていないので、次回に持ち越します。

[2019/6/28~2019/8/10]

  • 天井、壁のボードを貼っていきます。
  • リビング天井はシナ合板貼りです。板を3種類のサイズにカットして貼りました。
  • 2階のホールとリビングをつなげる小窓を付けました。最後に引き違いの建具を入れます。
  • リビングは最大幅の引き違い窓と屋根勾配に沿った台形FIX窓から明るい光が入ってきます。
  • キッチン横のデスクスペースの棚が完成しました。
  • 残すはキッチンを設置するのみです。
  • 玄関収納には壁に有孔ボードを貼りました。
  • 1階2階のトイレ天井には杉板を貼りました。
  • 階段は踏板まで取り付け、残すは塗装のみです。奥では現場監督、河辺がなにやら作業中です。
  • 2階ホールです。どの空間よりも明るく開放的なホールです。
  • 階段の腰壁にはシナ合板を貼りました。笠木もシナです。
  • 2階ホールの一画には1階キッチン上の小屋裏空間を使った収納スペースをつくりました。
  • 2階ホールの次に明るいのが子供部屋です。天井が高く、窓も多く開放的です。
  • 子供部屋の窓にはそれぞれ布団干しバーを設置しました。
  • 外壁はガルバと吹付けの組み合わせです。ガルバは貼り終えました。
  • 屋根、外壁の板金業者の職人さん。ポケモンGOをやりこんでいて、図鑑を見せてもらうと毎回驚きます。

[2019/5/21~2019/6/27]

  • 壁の断熱材の充填が終わり、天井野縁を組みます。断熱材はアクリアネクスト、高性能グラスウールです。
  • 天井断熱を行い天井のPB貼りです。写真は2階の子供部屋です。天井が高く贅沢な空間です。
  • 天井の施工が終わり、床材(ナラ無垢材)を貼っていきます。手前に見える銀色のパネルは床暖房です。
  • 2Fはパイン材を貼りました。明るい色で温かみが出ています。
  • 1Fリビングの勾配天井はシナ合板を乱尺に貼っていきます。見えているのは合板の下地です。
  • 壁のボードと建具の枠を取り付けています。
  • 階段のササラ桁を収めました。

[2019/4/24~2019/5/21]

  • サッシが取り付きました。内外白の樹脂サッシです。
  • 電気配線が終了しました。
  • 朝日が部屋を綺麗に彩ります。
  • タイベックシルバーを施工しました。
  • サッシの下地の窓台マグサを施工しました。
  • アスファルトルーフィングを敷き、唐草を施工しました。
  • 防蟻工事が終了しました。FLより1m以上まで防蟻処理します。

[2019/4/13~2019/4/23]

  • 最後にみんなで記念撮影です。
  • 無事に上棟し、屋根の上でお清めを行います。
  • ご近所の方からもたくさんのお祝いのお酒が届きました。
  • 野地板を張っています。写真では伝わりませんがものすごいスピードで釘を打っています。
  • 垂木を施工しているところです。継ぎ目のラインが揃わないように施工していきます。
  • 母屋のアップ写真です。三角形に欠き込まれているところに垂木を設置します。
  • 2F柱を建て終えて、小屋組を行っています。
  • お施主様からお昼のお弁当に、小鹿野名物わらじカツ丼を差し入れいただきました。とても美味しかったです。
  • 柱の垂直を確認し、2F床の構造用合板を貼っていきます。
  • 大引、火打ちを入れ終えたので、金物締めです。
  • 梁を掛け終え、大引を入れています。
  • 土台敷を終え、上棟日を迎えました。1階の柱建てをし、梁を掛けて行きます。

[2019/2/7~2019/4/14]

  • 養生期間を終え、脱型し、設備配管を行いました。木工事へ移ります。
  • 立上りコンクリートの打設です。コテで高さを調整しながら進めます。高さをそろえる技術は一朝一夕では身に付きません。
  • 立上りの型枠が組み終わりました。アンカーボルトの位置など確認も行います。
  • 耐圧盤コンクリートの打設が終了しました。引き続き金鏝で押え、水養生を行います。
  • 打設前のコンクリート試験です。スランプ値、空気量、塩化物測定、強度試験用の試験体の採取等を行います。
  • 鉄筋の全景です。設備のスリーブ配管も終わりいよいよ打設です。
  • 砕石地業を行い、透湿防水シートを敷き、鉄筋を組みました。図面通り鉄筋が組まれているか、社内検査します。
  • 建物の位置を出す遣り方です。中央の三脚を付けた機械(トランシット)を使い、土地の設計GLと建物の高さを出します。
  • 地鎮祭です。お施主様のお知り合いの神主さんに祈祷していただきました。